人生を豊かにする生涯学習

映画を使った英語学習に挑戦してみましょう

現代はグローバル化社会であり、日本の社会や企業においても更なる持続的な発展のためには国際競争力をつけていくことが必要となってきた時代です。

また、日本のアニメ作品等は海外からも人気があることや、2020年には東京オリンピックを控えていることもあり、日本に訪れる外国人観光客も増加傾向にあります。

私たち日本人は学校で長期間英語を勉強しているのにもかかわらず、日常生活においては使用する頻度がとても少ないので、学校の授業だけで英語が流暢に話せるようになったという人はあまりいないのではないでしょうか。

そこで、英語学習に興味はあるけど英会話スクールに通うのは時間や金銭的に難しいという人や、外国人に道を聞かれた時は答えてあげるくらいの余裕は持ちたいとお考えの方に、映画を使った英語学習法についてご紹介したいと思います。

映画での英語学習のメリットは、耳が早さに慣れること、ナチュラルな言い回しや文化、英語の使い方を学べること、そして楽しめることです。

楽しいと感じることは継続的な学習には大切な要素なので、楽しむことを基本に挑戦しましょう。

映画での英語学習にはスクリーンプレイを活用するのがおすすめ

映画を使った英語学習は、やり方を間違えるとただ映画鑑賞して終わってしまったということになりかねません。

それに加えて、英語字幕と日本語訳とでは意味が全然違って訳されていたり、字幕や音声についていけずに諦めてしまうという人も少なくないと思います。

そこで活用してみて頂きたいのがスクリーンプレイです。

スクリーンプレイとは、映画の全文スクリプトと、日本語訳がセットになった本のことです。

Kindle版が出ている場合もありますのでチェックしてみましょう。

そして作品を選ぶときは、実際に使える言い回しやシチュエーションがわかりやすい現代の日常を舞台にしたものや、英語が聞き取りやすいディズニー映画等のアニメ作品がおすすめです。

映画を使った英語学習の流れ

1.映画を見る

まずは話の内容を理解するために、1度映画を普段通りに見てしまいましょう。

2.音声を聞きとることに集中して繰り返し見る

言葉の意味を理解しなくてもいいので、とにかく音に集中して見ましょう。

逆に意味を理解しようとすると頭の中で和訳してしまうため、会話のスピードについていけなくなってしまいます。

また、この段階では聞き取れないセリフがあっても、いちいち止めないようにしましょう。繰り返し見ているうちに聞き取れるセリフが増えてきます。

3.スクリプトを読んで聞き取れた音と内容を確認し、英語字幕で再度鑑賞

スクリプトを読んで、文章を完全に理解します。

その後、英語字幕を見ながらまた映画を見てみると、聞き取れなかったところや聞き取れていたと思っていたセリフでも違っていたという点を発見することができると思います。

ここまでの段階で既にリスニング力はかなりアップしていると思いますし、今まで理解できなかったフレーズや語彙を知っている状態になっているでしょう。

大切なのは手順2と3を繰り返して行うことです。

一回ですべて理解する必要はありませんし、自分がうまく聞き取れないところを洗い出してその場面にフォーカスを当てて見てもかまいません。

時間をかけて理解度を深めるようにしましょう。

4.出演者になりきって字幕を音読してみましょう

映画を見ながら英語字幕のセリフにあわせて音読しましょう。

気を付けておきたいのは、恥ずかしがらずに発音やイントネーション、スピードまでそのまま真似するようにすることです。

音読をすることで、発音やイントネーションが矯正されるだけでなく、さらにリスニング力がつきますし、声に出すことで身につきやすくなり実際の会話でも使えるようになります。

映画を使った英語学習で、楽しく英語力を向上させていきましょう。

人生を豊かにする生涯学習

↑ PAGE TOP